お客様の声

症状で絞り込む

股関節臼蓋形成不全のお客様の声

股関節臼蓋形成不全といわれ、レッスン中に痺れも出てきてしまいました

お客様写真

小5の娘が2年ほど前からバレエのレッスン中に、

股関節の痛みを訴えるようになりました。

 

トゥシューズを履くようになるとその頻度が上がり整形外科へ。

 

臼蓋形成不全の診断をいただき、

バレエレッスン中に痺れも出てきてしまいました。

 

現在、痛みはなくなり、足のラインも変わってきました。

以前より明るく積極的になりました。

同じような悩みを抱えていらっしゃる方に是非通院をお勧めします。

※グーグルマイビジネス投稿より

N.Sさん 11歳 クラシックバレエ

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

股関節が痛みだし、音も鳴るようになってきました(親御さん筆)

お客様写真

・こちらに来るまえどのような症状でお悩みでしたか?

2年程前から股関節が痛みだし、バレエも1か月ほど休みましたが特段よくはなりませんでした。

成長痛の一種かと思い、そのうち治るかと思っていました。

肩、首も自分で鳴らせるようになってしまい、肩こりも小6なのにするようになってしまいました。

祖母の所に来ていただいていた、はりの先生の紹介で来院しました。

 

・施術を受けての変化、感想をお聞かせください

歩くだけでも股関節や肩を何度も鳴らすクセになっていましたがなくなりました。

はりの施術うけるのもはじめてで不安もありましたが、痛みをあまり感じないようにして頂いたのも良かったです。

 

・「他院と違うな」と感じたところはありますか?

バレエの生徒さんも多数来院されている事から、バレエの知識もあり、色々お話を聞いて下さり、娘も安心して来院することができました。

 

・同じような症状でお悩みの方にメッセージをお願いします。

バレエが好きだから、レッスンを休まずに通えて大変うれしかったです。

埼玉県伊奈氏 E.Mさん 12才 クラシックバレエ

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

右足付け根の痛みで中学生の頃から悩んでいました

・来られる前はどのような症状でお悩みでしたか?

小学生の頃からバレエを習っており、中学生の時に、開脚のストレッチで、左足の付け根の部分にひっかかりを感じ、右足と同じように開かなくて悩んでいました。
悩みは、左足前の5番が開きづらい、あぐらのカエル足になったときに、右足よりも左足が開かないことでした。

高校生の時に接骨院でレントゲンをとってもらった時には、異常はありませんでした。

 

・施術を受けての変化、感想をお聞かせください

開脚をしたときの左足のつまったような感覚が減り、アンディオールがしやすくなりました。

 

・「他院と違うな」と感じたところはありますか?

親身になって話を聞いて下さるので、悩みを細かいところまで聞いて理解してくださいました。

 

・同じような症状でお悩みの方にメッセージをお願いします。

少しでも違和感を感じたら、我慢せずに相談してみてください。

千葉県我孫子市 21才 クラシックバレエ

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

股関節臼蓋形成不全と診断された高校生

アンケート用紙

・治療院に来るまえどのような症状でお悩みでしたか?

バレエをしている時に、股関節を痛めて、整形外科で臼蓋形成不全と診断された。

手で足を持って上げたり下す動作が痛い。

 

・施術を受けての変化、感想をお聞かせください

施術を受けて肉離れだったと知り驚いた。

はりも思っていたより痛くなく、施術後は痛みがなくなり嬉しかった。

 

・「他院と違うな」と感じたところはありますか?

バレエの動きについて分かっているところ。

 

 

・治療院に来るまえどのような症状でお悩みでしたか?

(大変恐縮ですが、エピソードを交えて詳細にお願いします)

バレエをしている時に股関節を痛めて整形外科で臼蓋形成不全と診断された。

手で足を持って上げたり下す動作が痛い。

 

・施術を受けての変化、感想をお聞かせください

施術を受けて肉離れだったと知り驚いた。

はりも思っていたより痛くなく、施術後は痛みがなくなり嬉しかった。

 

・「他院と違うな」と感じたところはありますか?

バレエの動きについて分かっているところ。

福岡県福岡市  野村彩音様(仮名) 15才 学生

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。