バレエ グランプリエをすると、内ももがピキッとする

大人からバレエをはじめた女性。

2週間ほど前に、

グランプリエをした際、

内ももにピキッと痛みを感じた。

レッスンをできないくらいの痛みではないが、

変にかばってバランスを崩すのもイヤだなと思い来院された。

カウンセリング

内転筋を痛めた方の殆どは、膝を伸ばした状態でのみ、痛みが再現されることが多い。

しかし今回は、クランプリエのときにも内転筋に痛みがはしるとのこと

施術経過

1回目

触診してみると、仙腸関節に関連するツボにおおきな反応がある。

肩甲骨の動きを正常にするとともに、 仙腸関節を緩ます。

この時点で もう一度グランプリエをしていただくと、

『えっ!?いたくない』

また、腰椎4番5番に変位が見られるので これも調整。

最後に、股関節の動きを良くする、すねのツボを使って初回は終了。

2回目(1週間後)

少々戻るが 経過は良好。

肩甲骨、仙腸関節の硬結に刺鍼し、 大腿筋膜張筋を緩める鍼を して、2回目は終了

3回目( 10日後)

その後、開脚、クランプリエ、フルレッスンしても痛みはなく、可動域の検査も正常になったので、卒業とした。

考察

ダンサーで悩みの多い、太ももの痛み。

周囲の筋肉の状態が、回復の差になる。

痛みがあるままで無理にストレッチをしたり、痛みが治まっただけで治療をせず、またレッスンを再開したりすれば、治すのも容易ではなくなる。

今回の女性は、学生時代、剣道をやっていたことと、痛めてすぐに来院されたこともあり、全体的な筋肉の状態が、非常に良かった。

これが幸いしたのか?非常に早い回復であった。

太ももに痛みがあるのであれば、いますぐに施術に行かれることをお勧めしたい。

バレエ バーを使ったストレッチで内転筋がピキッとなった

アンケート用紙

治療院に来るまえどのような症状でお悩みでしたか?

大人になってからバレエを始めました。

バレエ教室でのバーを使用したストレッチの際、左内腿に痛みが走りました。

幸いレッスンにはそこまで影響は出ませんでしたが、痛みは何日も続いていたので、ストレッチは憂うつだし、「左足をかばって変なクセがついてしまうのではないかと」不安がかなりありました。

 

・施術を受けての変化、感想をお聞かせください

 1回目の針治療で、びっくりするくらい痛みなく足が広げられ上体も倒せました。

その日以降まだ痛みは少し残るもののストレッチも楽になり、3回目の時にはもう痛みはなくなり本当に先生には感謝しています。

 

・「他院と違うな」と感じたところはありますか?

 復習動画を送ってくださるところです。とても為になります。

・同じような症状でお悩みのかたにメッセージをお願いします。

いつ治るだろうとそのままにしておくより、診ていただいた方がずっと早く治ると思います!

神奈川県横浜市  28才 女性 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。