足首・ふくらはぎの張りや重さ 脚つけ根のつまり感

ドイツにバレエ留学している高校生。
今年4月に、レッスンがつづき両足首が腫れてしまった。

MRI画像検査の結果、
「三角骨障害」といわれる。

不安になり、ご両親に相談し、帰国の際に一度見て欲しいとご予約された。

施術経過

ドイツのバレエ学校では痛みがある場合、レッスンはお休み。

ただ、周りがレッスンしているのに、自分だけがレッスンを休む

ということに歯がゆさを感じることと思う。

来院時は、2~3ヶ月後レッスンをしていなかったことが、
良い方向に進み、しっかりのれている。
三角骨障害特有のつまり感や、長拇指屈筋腱炎の症状も見られない。

ただ、
ふくらはぎの張り感、足首の硬さ・重さを感じる。
その他、
右脚の付け根がアラセゴンド(股関節外転動作)で痛む

初回の施術
仙腸関節、股関節、足関節、下腿筋膜を調整。

2回目の施術前に
「どうだったかな、動きやすかった?」
と聞くと。
「う~ん、よくわからない」

2回目施術
前回の施術箇所は使わず、
椎間関節に鍼、下肢にアライメントを正す手技をする

ルルベをしてもらうと、
「うん、軽い」

脚の付け根も足関節同様、
椎間関節に鍼をする。

「うん、ラクです」
※ 脊柱の問題が中心となり、股関節や足関節に影響していたケース
3回目
前回の施術で、股関節・足首の状態だけではなく、
「軸が整っている感覚がする」
「踊りやすい」

という感想をいただいた。
施術は終了。

三角骨障害と言われ悩んでいた

お客様写真

施術を受けての変化、感想をお聞かせください

バレエの留学をしていて、レッスン量が増えて、足首に痛みがあった。

ドイツの留学先でMRIをとり、三角骨の炎症といわれました。

 

・施術を受けての変化、感想をお聞かせください

・足首の重い感じが良くなった
・ふくらはぎのはりや足のつけねも楽になった
・踊りやすくなった

この施術院のどんなところがいいと思いますか?

先生がバレエの事についてよく知っていたので、説明してから施術してもらえて安心できた。

また、ハリも痛くなかった。

同じような症状でお悩みのかたにメッセージをお願いします

すぐに治してもらいたい時にとても良いです!

埼玉県所沢市 新垣ゆみな様(仮名) 14才 学生

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ご協力ありがとう!

同じように三角骨といわれ、痛みや違和感でお困りでしたら、是非ご相談くださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加