30件以上、治療院を巡ってきました

当院はバレエ専門ということもあり、遠方からも来院されます。

今回、こちらのブログに登場していただくのは、福岡から一泊二日で当院に来られました猪俣さん(17歳)

お母様と一緒になごやかに治療させていただきました。

2年のアメリカ留学、膝を痛めて帰国。

というのは表面上のお話。

患者さんの膝

実は、彼女、トゥシューズを履き始めた小学生頃からずーっと、股関節や足首に違和感や痛みがあったというのです。

まあ珍しいケースではありませんが。

ここの問題を解決できなければ、またすぐに症状がでてくることが考えられます。

で、

驚くのが治療歴!

問診表に今までの治療歴を書いていただく項目があるのですが、

「全部」

手術以外の治療法は、ほぼ網羅していたのです。

ステロイド注射・PRP療法・体外衝撃波などなど、鍼も整体も通った医療関係の数は30件以上。

さて、何とかお役に立ちたい。

動作確認をすると、

足首
・プリエで右足首の中のほうがつまり動きの制限が起こる
・ルルべは乗りきれない

股関節
・左右のごりっとした音と痛み
・右は側方に上げると
・左は後方が

膝関節
・片足で屈曲
・ジャンプの蹴るほうの脚

多い。。。
しかし、

どれもよく目にするもので、なんとかなりそうではあります。
初日は足を中心にみて施術しました。

特に影響が強い箇所は大腿二頭筋外側筋膜、そして左下腿内側から中足骨の変位

これらを調整。

2日目は考えられるところはすべてチェックしていきます。

頭蓋・頸椎・胸郭のチェックまで。こちらはあまり見られませんでしたね。

2日の治療を終えた後は、

股関節

微妙な音が鳴るが痛みや可動域制限の大幅な拡大

股関節画像

屈曲動作 10→0

ジャンプでける動作 10→ちょっと残る

足首

しっかりのれるが完璧ではない

だいぶのれていますが、これは継続的な施術しなくてはいけませんね。

ルルべ

治療後、

「あ~来てよかった~!」

と、喜んでいただけたことがうれしかったです。

これからプロを目指す中で、

『希望がもてる』『あっ治るんだ』

という気持ちになってくれることが大切だと考えております。

患者さん顔写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加