三角骨障害と診断されたけど発表会で踊ることができました

・ここに来られる前はどのような症状でお悩みでしたか?

バレエの時に足を伸ばしたり、ルルベしたりができず、病院で三角骨障害だと言われた。発表会が近くトウシューズ出るつもりだったけど、踊ることができないくらい痛みが出てしまった。

 

・施術を受けての変化、感想をお聞かせください

だんだんレッスンでつま先を伸ばしたり、ルルベを前くらいの高さにできるようになり、痛みも減った。また、トウシューズで発表会をむかえられた。

 

・同じような症状でお悩みのかたにメッセージをお願いします。

発表会まで1ヵ月でも、無事に出演できました。はり灸は最初こわかったけど、すぐに慣れることができました。

東京都新宿区 多田瑞稀様 13才 学生

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

【後方インピンジメント症候群】 ブルガリア州立ルセ バレエダンサー お客様写真
内くるぶしの内側が3年前から痛い
三角骨障害による痛みが良くなり、バレエ団のオーディションに合格する事が出来ました【クラシックバレエ】 お客様写真