有痛性外脛骨 35年半もの間痛くない日はありませんでした

お客様写真
アンケート用紙

こちらに来られる前はどのような症状でお悩みでしたか?

有痛性外頸骨のために両足が痛く、35年半もの間痛くない日はありませんでした。

中学校でソフトボール部に入部し激しい練習を行ったのがきっかけで、一時は歩くことさえ困難でした。

大人になっても足に痛みが常にありましたが、元来ダンスが好きで、趣味のサルサをテーピングを巻いて踊っていました。

しかし、特に左足の痛みが激しく、レッスン時には踏ん張れずにタイミングがずれて出来ない技があり、
悔しさと耐え難い痛みのために目に涙が溜まることもありました。

施術を受けての変化、感想をお聞かせください

一回目の施術後から痛みが軽減し、特に右足の痛みがどこかへ飛んで行ったような感覚でした。

二回目の施術から数日して、テーピングなしでサルサを踊る機会がたまにあり、テーピングをせずに踊れるだけでなく、踊っても足が痛くならずに、とても驚きました。

その後、通院の度に痛みが溶けるように消えていき、レッスンできなかった技が出来た時は本当に嬉しかったです。

・「他院と違うな」と感じたところはありますか? 
全てが違いました。
これまで「日本足の外科学会」に属する整形外科を含め、多くの整形外科・整骨院・接骨院に行きましたが、
治療は痛い箇所の一時的な痛みの緩和にすぎませんでした。

畠山先生には、サルサのレッスンを続けながら、全身を施術していただきました。

・同じような症状でお悩みのかたにメッセージをお願いします

有痛性外頸骨の施術の情報は意外と少なくて、よくならないと諦めている方が多いと思います。

36年近く苦しんだ痛みも消えつつあります。
諦める前に先生に診ていただくことをお勧めします。

埼玉県朝霞市 横山陽子様 49才 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

開脚した時の痛みが良くなり、いつも通りレッスンに参加できました お客様写真
足底の痛み 2回でジャンプができる様になりました お客様写真
三角骨障害による痛みが良くなり、バレエ団のオーディションに合格する事が出来ました【クラシックバレエ】 お客様写真