肉離れ(ふくらはぎ)

東京・埼玉新聞にも掲載された評判の施術 バレエ専門治療院

東京・埼玉新聞にも掲載された評判の施術 バレエ専門治療院

バレエ・ダンスで《ピキッ》とふくらはぎに痛みが走り、その後、なかなか症状がひかない、安静にしてだいぶ良くなったけど、動かすと痛みが出てくる。
ストレッチをしてもマッサージに行っても、電気治療、鍼治療に行っても良くならない。

このようなことでお悩みのアスリートの皆さん
是非、当院のバレリーナに鍛えられた鍼(はり)治療を受けてみて下さい。
きっと、痛みのない反対側の足より軽くなりますよ。

ふくらはぎが痛い原因

肉離れ

すぐ思いつくことは『肉離れ』ではないでしょうか? 肉離れはふくらはぎにある、腓腹筋の筋繊維が部分断裂している状態です。

ウォーニングアップの不足や、筋力のバランスの崩れがあるとそのリスクは高まります。

腰痛(腰椎の運動性低下)

ふくらはぎが痛いということは、必ず腰にも問題があると思ってください。
一般的にはふくらはぎの痛みに対して、ふくらはぎに治療をすれば治ると考えられています。
しかし私の経験からですが、ふくらはぎのみに治療を施した場合、再発の可能性は非常に高くなります。
原因が、ふくらはぎではないことが殆どだからです。

足関節

偏平足・回内足など、アーチの低下が起こることで、腓腹筋など、下腿の筋肉が本来の走行と比べ捻じれることがあります。
そして、捻じられた状態では、疲労はたまりやすく、抜けづらくなり不具合がでてきます。

バレエとふくらはぎ

ルルべが低い かかとが上がらない

こういった症状があれば、ふくらはぎ以外に原因を探すようにしてください。

骨盤を整えるようなピラティスや、脊椎に刺激をいれるようなストレッチをおこなってみると、案外あがってしまうもんです。

舞台前に、競技会の前に、お越しください

当院の鍼治療の特徴として、「施術後に患部が軽くなる」ことが挙げられます。
これは舞台やスポーツ前に最適だと考えています。
「このまますぐに踊りたい!!!」
どうぞ踊って下さい^^

ふくらはぎの肉離れが治らない・・・・・

受傷してから、数ヶ月くらい痛みがひかなかったり、以前の筋肉の状態ではなくつれた感じが残ったりすることはよく聞きます。

これはふくらはぎ、患部にのみ治療をすることにより起こります。
私も以前は痛みの出ている部分に鍼をしたり、手技をしたりしていたのですが、
「どうやら違うぞ?!」と気づきました。
鍼ってオモシロい、人体の神秘、を感じられるでしょう。

この治療院に通って良かった

お客様写真
アンケート用紙

icon 治療院に来るまえどのような症状でお悩みでしたか?
両足の裏が痛くて整形外科に行ったところ、足底筋膜炎と診断されたが、テーピングと塗り薬でしか対処してもらえなかった。

数日後に足裏の痛みは薄らいだが今度は左ふくらはぎが痛くなってしまい、松葉杖なしでは歩けず、学校もサークル(ダンス)も行けない状態だった。

icon この治療院のどんな所が『いいな』と思いますか? 

リラックスできる音楽が流れ、施術場所も清潔、とても落ち着けた。
現状を細かく聞いて、どんな治療が最も効果的なのか探って下さって患者さんひとりひとりよく見てくれている感じがした。

施術を受けての変化、感想をお聞かせください 

一回受けるごとにどこかしらが必ず改善したので驚いた。ふくらはぎと足裏の痛みを取るだけでなく、右足の付け根の硬さの改善や腰の治療、日常の正しい姿勢の仕方などもご指導して下さり、とてもよかった。この治療院に通って良かったと思う。

同じような症状でお悩みのかたにメッセージをお願いします

整形外科だけではどうしても治りが遅くなると思うので、少しでも早く自分に合った治療院を見つけることが大事だと思います。

越谷市 田中真依子様 20才 大学生

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加