オスグッド病

東京・埼玉新聞にも掲載された評判の施術 バレエダンサー専門治療院

東京・埼玉新聞にも掲載された評判の施術 バレエダンサー専門治療院

こんなお悩みありませんか?

  • オスグッドと診断されてから、数ヶ月経つのに痛みが取れない
  • 舞台やコンクールがありどうすればよいかわからない
  • 整骨院・マッサージ院に通っているが改善しない
  • 成長痛だから骨の成長が止まるまで付き合っていくしかない
  • 膝だけではなく、股関節や足関節まで痛い

バレエと成長痛、オスグット病が治らない?

このページでご紹介する症例は、クラシックバレエで世界を目指している中学生。

大切な時期、2年という長い時間、痛みに悩まされていたそうです。

本人の固い意志があったため、あきらめずにバレエはできる範囲で続けてはいたのですが、一向によくならず、歩行でも痛みがでるので

「なんとかできませんか?」と来院。

痛みは両側の膝、いわゆるオスグットの所、両側の足首前面&外側の痛み。
【整形外科の診断】
発症の当初は画像にて剥離を認められた。
その後、安静にし炎症症状が治まったのでレッスンを再開すると、すぐに痛み再発。痛みに大きな変化はみられない。
電気・リハビリ・マッサージをして経過を観察。

そして・・・・・。
「骨の成長が終わるまで痛みは付き合うしかないでしょう」

とのこと・・・・・。

この一連の流れは、当院に来る患者さんからよく聞きます。珍しくはない。
いま、この記事をご覧になっているあなたも、
もしかしたら同じようなこといわれたかもしれませんね。

でもあきらめる必要も、
痛みと付き合う必要もありません。

治療法が変われば、結果も変わります。

では、お母さんと一生懸命書いてくれた、実際の声をご紹介します。

2年間痛ったオスグットの痛みが消えていてビックリしました【クラシックバレエ】

お客様写真

治療院に来るまえどのような症状でお悩みでしたか?

2年前からヒザの痛みがあり、整骨院で成長痛と診断され、 バレエのためのレッスンにはげんでいましたが、 コンクール当日歩くのも大変なほど痛くなり、病院でみてもらった所 「オスグット」との診断。

それからはレッスンも休みがちになり、どこの病院に行っても、痛みが消えませんでした。

施術を受けての変化、感想をお聞かせください

思わぬ所が悪いと言われ腰を施術してもらうと、 帰りにはヒザを曲げても、痛みが消えていてビックリしました。

その後、数回施術をしてもらい、今では、バレエのレッスンも最後まで出来るようになり良かったです。

この治療院のどんな所が『いいな』と思いますか?

痛みが消える。 先生に話しやすい。

同じような症状でお悩みのかたにメッセージをお願いします

あきらめず一度先生に相談してみてくさい。

千葉県千葉市 日出山駿太さま 13才 中学生

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

いかがでしたでしょうか?
すべてのオスグッドで悩まされている方が、この患者さんのように、すぐに改善というわけにはいかないでしょうが、可能性は十分にあるという事を知っておいてください。

もしあなたが2ヶ月以上も悩まされていて、整形外科や治療院に通っているのに改善しないのであれば、是非当院にお越しください。

オスグッドへのストレッチ法

是非、こちらの動画も参考にしてください。
オスグットだけではなく、ほかの症状(膝・腰・股関節・足関節)でも効果的です

オスグッドへの当院の治療法

1.鍼治療

大腿四頭筋 解剖図

大腿四頭筋(太ももの筋肉)は、脛骨(すねの骨)に付着しています。
特に成長期は骨先端が軟骨でできているため、炎症を起こしやすくなっています。

必ず大腿四頭筋に過度の緊張があるのでこれを緩め(本来の状態に戻す)症状の回復を目指します。
マッサージでも症状の緩和は可能ですが、大腿四頭筋だけを緩めたとしても、またすぐに緊張が起こります。
からだは全身バランスをとって動きをしているため、実際には痛みの出している周りだけの治療では限界があるのです。

骨盤・脊柱・足関節などを整えていくことで、勝手に大腿四頭筋の緊張は取れていきます。
患部のマッサージや針・電気治療・湿布などではなかなか解決していかないのはこういった理由が背景にあるからです。

2.整体

整体にて、骨盤・脊柱・股関節・膝関節・足関節を整えます。

オスグットに限らず膝の疾患の場合、胸椎や腰椎に問題があるケースが多いのでこれを調整します。

また、オスグット専用の独自の施術をすることにより、比較的早期に改善していきます。

3.目からウロコのアドバイス(ストレッチや日常動作など)

ストレッチは確かに効果的です。

オスグッドで一般的なものは膝の前側を伸ばすというものでしょう。

当院ではこのストレッチ法はあまりお勧めしていません。

炎症の強い時には使えませんし、より効果的な部位をストレッチした方が症状の緩和が見込めます。
日常生活の何気ない動作が症状に深くかかわっている事がありますので、これをお伝えしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加