腸脛靭帯炎

東京・埼玉新聞にも掲載された評判の施術 バレエダンサー専門治療院

東京・埼玉新聞にも掲載された評判の施術 バレエダンサー専門治療院

こんなことで悩んでいませんか?

  • 湿布や痛み止めを処方されたが改善しない
  • 膝だけではなく太もも外側も痛くなってきた
  • 発表会・舞台が近く焦っている
  • 思いっきりバレエをしたい

不安な気持ちよくわかります。

整形外科や一般的な整骨院で対応できないことも理解しています。

どうしてそのようなことが起こるのでしょうか?

それはバレエの動きをふまえて症状を見ていないからです。

当院には、バレエ専門院として、動きを分析し、鍼・整体を組み合わせた独自の施術法があります。

一時的な緩和を求めて、痛み止めや電気を当てても気休め程度にしかならないでしょう。

そしてそのまま症状が悪化してして、踊れないことになっては意味がありません。

腸脛靭帯の問題をどうにかしたいと思うのであれば、一時的な緩和ではなく、本当に体を改善させるアプローチを受けてみてはいかがでしょうか?

他院との違い

膝が痛くてバレエを続けていたら、自力で立ち上がれなくなってしまった

アンケート用紙

・治療院に来るまえどのような症状でお悩みでしたか?

バレエの発表会の練習が続いた頃、膝が痛いと言い、階段も上がれなくなったり、自力で立ち上がれなくなり、整形外科で受診したところ、オスグットと診断されました。

何かささえがないと、立ち上がれない状態でした。

 

・施術を受けての変化、感想をお聞かせください

 すぐに自力で立ち上がれるようになり、バレエのレッスン時、多少痛むことはありますが、レッスンを休むことなく、続けられています。

1回の施術で痛みが減り驚きました。

 

・「他院と違うな」と感じたところはありますか? 

整形外科ではシップと安静しかなく、治療方もない状態でしたが、こちらの院では、先生の治療と体の使い方の指導により、痛みがすぐに軽減し、日常生活にも不便なく過ごせるようになりました。

越谷市 江崎咲 9才 学生 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

選ばれる3つの特徴

電話でのご相談はこちら

LINEでのご予約は24時間可能です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加