坐骨神経痛

東京・埼玉新聞にも掲載された評判の施術 バレエダンサー専門治療院

東京・埼玉新聞にも掲載された評判の施術 バレエダンサー専門治療院

こんな症状をお持ちではないですか?

  • 整形外科に行ったが「バレエを休みなさい」と言われただけ・・・
  • ある動きをすると、お尻から足にかけてビッーと痛みが走る
  • レッスン中は気にならないが、レッスン後に痛む
  • 腰はいたくないがスネから下がとにかく痛い、または、しびれる
  • トレーニング後の下肢の疲労感がぬけない

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛という言葉、一度は聞いたことがあると思います。簡単にいうと、腰から下に、しびれ感・痛み・ダルい・重い・疲労がぬけない感覚・冷える・ほてるなどは、坐骨神経痛の疑いがあります。

そして、坐骨神経痛は、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎分離・すべり症など、骨組織に問題のあるもの、梨状筋症候群などのように、筋膜・筋肉に問題があるものにわかれます。

バレエと坐骨神経痛

バレエでの坐骨神経痛では、筋肉・筋膜からくるものが多いです。

脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)腰方形筋(ようほうけいきん)などの腰の筋肉、お尻にある梨状筋(りじょうきん)や大・中・小殿筋(だい・ちゅう・しょうでんきん)など、

これらに過度の緊張状態が起こることにより発症します。

あなたも「お尻をもっとしめて」「もっと引き上げて」と講師の先生に怒鳴られた^^経験があるかと思います。

このとき力の入れ具合によっては(お尻全体がムキムキ)、坐骨神経痛や腰痛を引き起こす力が働きます。積み重ねれば当然、神経痛がでてきます。一方で、お尻全体に力を入れず、骨盤底筋群から腹筋に伝わるラインで踊れれば、怪我が予防されパフォーマンスもアップします。

どちらも頑張っているのですが、結果は正反対になってしまいます。

 

個人的な意見ですが、プロのバレリーナの坐骨神経痛は治りやすいと思っています。

テクニックに大きな問題が少なく、筋肉・筋膜の問題だけだからです。腰椎や骨盤の歪みは見られますが、筋肉の働きが良いため回復力も非常に高いです。

大人からのバレエで坐骨神経痛は勝手が違います。柔軟性の不足や無理な体の使い方、不定期なレッスン、長時間の座り仕事が主な要因です。
決して無理はせず、予防的な治療を受けることが必要になります。

当院の治療の特徴

バレリーナの皆さんは、レッスン後にストレッチやマッサージをおこなう方が多いと思います。お尻をグリグリ、ふくらはぎをグイグイと押したりしますよね。

筋疲労を取り除くのであればこれで良いのですが、坐骨神経痛を引き起こしている身体の状態ではなかなか効果が上がりません。

よって当院ではマッサージをすることはほぼありません。鍼治療によって反射的に緊張している部位をゆるめます。例としては、梨状筋(お尻の真ん中)を緩めるには手のツボを使ったりします。

また、下腿(膝から下)の神経痛であれば、腓骨(ひこつ)や距骨(きょこつ)などを手技にて歪みの矯正をします。(痛み0です) 主に、鍼治療と整体を身体に施して回復を促します。

坐骨神経痛の原因

テクニック

他の疾患で何度もお伝えしていますが、体の使い方のクセによっては坐骨神経痛が引き起こされます。どの動きとかではありません。

日常生活での立ち方・歩き方が非常に重要で、骨盤の傾斜、股関節の開き、大腿骨の使い方、膝と足先の位置、足底アーチの重心などを常に意識しましょう。(いいすぎですね)

座り方

坐骨神経痛を引き起こす決定的な座り方があります。恥骨を前にだし、骨盤を後傾させ、柔かいソファーや座椅子に寄りかかる姿勢です。

治療をしてもこの原因を見直さなければ必ず再発します。

ウォーミングアップの不足

関節や筋肉に遊びのある状態は、怪我を予防できます。当たり前ですが、カラダを十分に温めてからレッスンに入りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加