バレエでおきる肋骨の痛み

肋骨が痛い プロバレエダンサー

肋骨の痛み バレエダンサー

東京都目黒区 30代 女性 

半年前に舞台のリハーサルで、リフトされた際、肋骨に痛みを生じた。

整形外科を受診後、痛み止めを飲みながら、なんとか舞台を終えた。

それから半年、レッスン中だけではなく、朝起き上がる動作や、荷物を持つと痛みがズキッと走る。

次の舞台も控えており、なんとかならないものか悩んでいたところ、同じバレエ団の方に紹介され、来院に至った。

症状と施術経過

痛むところはみぞおちの横、第10肋骨あたり、局所的に痛みだ。

お辞儀や、車シートに乗っても痛みが再現されるという。

1回目

関連性の高い胸椎(背骨)を調べると、はっきりとした硬結がある。

この緊張を緩める。すると直後から、起き上がる動作の痛みが消失。

2回目

前回施術後から、ずいぶん症状は緩和したよう。

同様の施術でさらに緊張を緩和させる。

火か無用な動作をすると誘発された痛みが消失。

3回目

日常生活、レッスン中の痛み、ともに消失したため、微調整を加え卒業とした。

考察

肋骨に関連する痛みに対し、鍼は著効することが多い。

ぜひ、選択肢の1つとして知ってほしい。

疲労骨折について詳しくはこちら

疲労骨折