肩関節・肩甲骨のゆがみ

5年前から股関節が痛い、肩が動きにくく音が鳴ってしまう

バレエで肩が鳴る

東京都板橋区 17歳 女性  2019年1月

来院動機

小学生の頃から両側の股関節に痛みを感じている。(特にパッセなど、横上げの動き)

整形外科では「骨に異常はみられない、様子を見ましょう」といわれた。

痛む股関節をかばい思いっきりバレエをすることもできない中、両肩も動かすとゴクッとはずれたような症状が出るようになってしまう。

近々、発表会も控えていて、症状が少しでも軽くなればと思い来院された。
施術内容

初回  手技にて筋膜への介入、また、鍼にて腸腰筋・殿筋へのアプローチ

 

3回目

「股関節は最近痛くありません」

肩関節の音も減っている感じ。

頸椎・仙腸関節の調整のため鍼をする

 

5回目

「レッスンをMAXで続けていると股関節につまり感が出てきます」

そして、肩関節の外れるような状態がなかなか取れない。

以降、しばらく調子が良い時期が続いたり、またぶり返したり、を繰り返しようやく半年後、

17回目にして、肩はスムーズに動くようになりゴクッとする音もなくなり改善に導くことができた。

 

考察

5年物の慢性的な症状は、よくすることもそれなりの期間が必要になってくるケースが多い。

今回の学生さん、ご両親ともに理解があり施術を続けていただけたことが、何より良い結果に結びついた要因である。

肩が内に入るについて詳しくはこちら

肩が内に入る

肩が内に入るに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加