バレエでのお尻の痛み 症例

前かがみから体を戻そうとすると、お尻の奥に痛みが起こり動けなくなる

バレエでのお尻の痛みと変形性膝関節症 

埼玉県 40代 女性 看護師

来院動機

1週間前から、左の臀部に痛みがでた。普段立ち仕事をしているが、しばらくすると痛みがでる。また、臀部とは他に、3年前より膝に症状があり、整形外科では変形性膝関節症と診断された。半月板にも損傷がある。インターネットを見て来院。

施術内容

1回目

前屈した状態から起き上がる時に痛む動作は、仙腸関節の問題であることが多い。

身体の連動性を考慮して、関連した胸椎周囲を見てみると、強い痛みを感じる部分があったので、ここに鍼をする。

即座に症状の緩和が見られた。安定させるため、手にあるツボに鍼をする。

 

2回目 

前回後から、

「起き上がっても、仕事も大丈夫でした」

他に、

「鍼をうった後は体がポカポカしました」

 

しかし、

「先生、実はあぐらかくと膝の内側がいたくて・・・」

ということで、施術をする。

 

ふくらはぎをみてみると外側に緊張が強い。

あぐらの動作にも関連が高いことも考え、腰にあるツボを選択。

直後、

「あっ!あぐらかけます」

 

考察

膝はMRI画像などで診断が一般的ではあるが、動作での痛みと一致しないことが多くある。

その場合、動きの悪い動作をスムーズにすることで症状を改善に導くことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加