自力では立ち上がれないオスグット病の痛み

小学校4年生の女の子

バレエレッスンをしていて膝が痛くなってしまい、整形外科を受診したところ、オスグッド病といわれた。

発表会前、急に練習量が上がり痛めてしまったようだ。

そして、レッスンどころか、一度座ると立ち上がることさえも困難になってしまった。

施術

実際に痛みが出る動作をおこなってもらうと、グランプリエは膝の痛みで立ち上がることができない(お母さんに支えてもらいながら立ち上がる)

オスグット病は安静にしなくても大丈夫

一般的な整形外科に行けば、必ずと言っていいほど

【成長痛】

という言葉が出る

オスグッド=成長痛

そしてその次に来るのが、

【安静】

多くはこのパターンである。

これをそのまま受け入れて、安静にして見ると確かに痛みは取れる。

ただし、

いざレッスンを再開すると、同様の痛みが走るケースがよく見られる。
これを繰り返して2年というお子さんも来られる。

信じられないかもしれないが、

当院では 今回の立ち上がれないようなケースであっても、

『レッスンしても大丈夫』

『レッスンしながら治せるよ』

とお伝えしている。すると、

親御さんはとても信じられない様子をする。

当然だ!

しかし、
大概は、その場ですっと立ち上がるようになるので、半信半疑ながらもレッスンへ行かれる。

明日がコンクール発表会でも大丈夫。なんとかします。

施術経過

さて、こちらのお子さんは、

初回施術後、バレエレッスンを受け、痛みは少しあったが休むことなく一週間続けられた。

2回目

これなら2回で施術が終わりそうなので、セルフケアや体の使い方を指導し卒業とした。

オスグット病のすべてが、今回のようにすぐに治るわけではないが、5回以内に症状は好転されるはずだ。

限られた時間を有効に使うのであれば、積極的に施術院を訪れてほしい。

きっと喜んで頂けることと思う。

膝が痛くてバレエを続けていたら、自力で立ち上がれなくなってしまった

アンケート用紙

・治療院に来るまえどのような症状でお悩みでしたか?

バレエの発表会の練習が続いた頃、膝が痛いと言い、階段も上がれなくなったり、自力で立ち上がれなくなり、整形外科で受診したところ、オスグットと診断されました。

何かささえがないと、立ち上がれない状態でした。

 

・施術を受けての変化、感想をお聞かせください

 すぐに自力で立ち上がれるようになり、バレエのレッスン時、多少痛むことはありますが、レッスンを休むことなく、続けられています。

1回の施術で痛みが減り驚きました。

 

・「他院と違うな」と感じたところはありますか? 

整形外科ではシップと安静しかなく、治療方もない状態でしたが、こちらの院では、先生の治療と体の使い方の指導により、痛みがすぐに軽減し、日常生活にも不便なく過ごせるようになりました。

越谷市 江崎咲 9才 学生 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

オスグッド病について詳しくはこちら

オスグッド病

この記事に関する関連記事