社交ダンスと足底のしびれ 【症例報告】

社交ダンスを長年続けている70代男性

3年くらい前から足の裏にシビレがある
また、左膝の動きが悪く、
5年程、正座ができない状態。
整形外科の先生には
『固まっているので・・・・・』
といわれた。

当院をネットで知り、
バレリーナを見ているなら自分の足も良くしてくれるのでは?と思い。
『なんとか少しでも良くなりませんか?』
と来院

ただ、
年齢的なものもあり、変形具合により
どこまで期待に答えられか。。。

1回目
一番解決したいお悩みが、足底のしびれ感だったので、
まずはそのお悩みを解決できるよう身体をチェックする。

腰仙関節部に動きの悪いところがある、
腰方形筋の左右差も著しい。
仙骨の捻れ、
腓骨の偏位
それぞれを改善する鍼をする。

2回目(初回より約1ヶ月後)
『凄くラクです』『あと少しだけ』
と、足底のしびれ感は劇的に軽減された。

すると、
『膝はどうにかなりませんか?』

足底はすでに目処がついたので、
今回は、膝に焦点を当て施術を組み立てる。

膝上の関節包の動きを良くし、
骨盤の歪みが著しいのでアプローチ。

この時点で正座していただくと
『あっいいですね^^』

ご本人は変化に驚いているが、
まだまだ。

3~5回目
脊柱、足関節など細かくチェックし、
必要なところに鍼を繰り返す。

6回目
山登りをした。
『和式トイレを何の違和感もなく利用できた』と嬉しい声

正座も、
ここにきてハッキリとできるようになっている。

7回目
やっと私が納得できる正座をしている。

そして、ご感想を書いていただいた。
それでは、どうぞ。

社交ダンスをしているが膝と足底のしびれに困っていた

お客様写真

来られる前はどのような症状でお悩みでしたか?

社交ダンスしている時、3年前位から足底のしびれが出始め、又その4~5年前位に左膝痛により、正座が出来ない状態でした。

そんな時に、明京堂さんのお客様コーナーの中に、バレリーナの方のコメントを読み、社交ダンスより足腰の負担が大きいバレリーナがきているならと、鍼治療を受けることに致しました。

「他院とは違うな」と感じたところはありますか? 

治療内容・・・   必ずカルテを見ながら、又、手を当てながら、どこにこの足底のしびれ、正座のできない要因があるのか、分析するところが素晴らしいです。

施術を受けての変化、感想をお聞かせください

足底のしびれ・・・ 3回の施術でしびれが消えました。
正座・・・ 4回の施術で完全に正座できる状態になりました。何年振りかの正座に感無量です

同じような症状でお悩みの方にメッセージをお願いします。

腰痛、膝痛でお悩みのある方々え、足腰を使うバレリーナを見ている先生に施術していただくことをおすすめ致します。

さいたま市 須崎 博様 70代

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

須崎さん、ご協力ありがとうございました!

追伸
年齢的なこともあり、変形が関節可動域の制限をかけているなら、改善が難しいかな?

と不安があったが、予想以上の回復!

あと10年は、社交ダンス続けられそうですね 。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加