1年半前からの足のしびれ  クラシックバレエ  50代女性

1年半前から左下肢に強い痛みと痺れを感じる。
整形外科では「第四腰椎変性すべり症」と診断される。
何件かの整形外科を受診するも、「治ることはありません」
と、医師から非情な宣告をも受けた。

カイロプラクティック、整体、鍼など多数通ったが、
変化は乏しく、痛み止めを服用する毎日。

どうせ痛いのならと、
痛み止めをさらに飲み、バレエを趣味でおこなっていた。
もちろん脚は痺れ、腰も重くなる。

インターネットで検索され、バレエをしている人の症例をみて、
希望が叶いそうと思い、遠く、西東京あきる野市より、
痛みに耐えながら来院された。

施術経過

症状をさらに詳しくお聞きすると、
・立位のとき、痛みが強くなる
・臀部~下腿まで痛み、くるぶし寄りの腓骨上に最も痛みがある
・ここ一カ月で、左肩~腕への痺れもでできた

初回
腰部、骨盤周りの緊張はかなりなもの
第5腰椎の変位が著しい、腰椎~胸椎が左側へ大きく曲がっている。
腓骨上に痛みが強いことと、捻挫経験もあるので、足関節を調整。

また、股関節の問題も調整をして、初回は終了。

2回目(遠方ということもあり2週間あいてしまう、本当は強い症状が治まるまで詰めていらした方が良いのだが仕方ない)

初回の施術では、大きな変化が見られなかった。
選穴をかえ、股関節、腰椎を調整。

3回目
全体的に少し良いかな?くらい
脊柱起立緊張がやや緩和している。だがまだまだ下腿。
今回は腰背部を下肢のツボを使い緩める

4回目
ここにきて大きな変化が見られる
『先生!すごい変化です』
『長時間立っていられます』

ただし、症状が出るのが怖いので痛み止めは服用。
階段の上りでまだ痛む。

5~7回目
『日に日に良くなっています』
『そういえば肩から腕にかけての痺れもないです』

当初の痛みはなく、バレエのレッスンを受けても症状はない。
あとは、バレエでの動作、気になる可動域をフリーにする。

考察
今回の下肢シビレ(神経症状)の原因は筋肉の緊張状態からきたものである。
鍼をしたことで、筋肉が緩み、からだの連動性が回復した。
整形外科で腰椎の変形・ヘルニア・狭窄など問題とされ、
筋肉の問題を見落とされるケースは少なくない。
医師の言葉は重みがあり絶対的だが、
「諦めることはない」
可能性は限りなくある。

 

それでは、
実際に鍼・整体を受けられた、お母さんの声をご紹介します。

足のしびれが1年半前からありました  クラシックバレエ  50代女性

お客様写真
アンケート用紙

施術を受けての変化、感想をお聞かせください

第4腰椎変形性すべり症と整形外科で診断され、痛み止めを飲まないと4時間以上は、絶対に立っていられないほど、足が痛く、しびれもあり、外出が恐怖でした。

仕事が立ち仕事のため、長時間の労働は無理となり、帰る時は足が痛くて、とてもスムーズには歩けず、びっこをひくように、ゆっくり痛みに耐えながら歩くような日々でした。

趣味のバレエも痛み止めを飲めば出来るのですが、片足で立っていたり、小さな階段を上ったりするとすぐに足がしびれ、とても不安でした。

1年以上この状態でした。


施術を受けての変化、感想をお聞かせください

信じられないほど、しびれや痛みがなくなり、とてもうれしいです!!

今まで何だったんだろうと思うぐらいです。

本当に感謝しかありません。

出かけるのも不安なく出かけられるようになりました。

先生が神様に見えます。


「他院と違うな」と感じたところはありますか?

何件も行きました。カイロ、鍼、整体 … 全然よくなりませんでした。

同じような症状でお悩みのかたにメッセージをお願いします

整形外科、数件で「治ることはない」「悪くなったら、又来てください」と言われ、 絶望でしたが、こちらにお世話になって、信じられないほど良くなりました。

こちらの先生は大丈夫です。絶対、なんとかして下さいます!!

東京都あきる野市 南雲優様(仮名)53才 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

坐骨神経痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加